「豊胸」をお考えの方へ、紀尾井町プラザクリニックの「美乳」専門サイトをご覧ください。

Parts 理想のパーツを叶える治療法

乳首(乳頭)の形成を叶える陥没乳首(乳頭)修正手術

パーツ
陥没している乳首(乳頭)を施術で隆起させ、見た目も美しく、健康的なバストへと導きます。

施術説明

イメージ

本来は突起しているべき乳首(乳頭)が、ほとんど平らになっていたり、逆に凹んでいたり(陥没)するのが陥没乳首(乳頭)です。重度の場合、そのままにしておくと授乳の妨げになるほか、乳頭や乳腺の炎症の原因になることもあります。 乳管や乳首の繊維性組織が短いために乳首が奥に引きずりこまれることによって陥没するのが原因ですのでこれを治療するには手術が必要です。
陥没の症状は様々で、状況により手術方法も異なってきます。手術で陥没を治したとしても、陥没乳頭は再発率がかなり高いため、できるだけ再発を減らすような手術上の工夫が必要となります。

~ヒアルロン酸注入豊胸術 こんな方にお勧めです~

  • 乳首が凹んで出てこない
  • 授乳への影響が心配
  • 乳頭の傷みやかゆみが気になる

施術の特徴

特徴1

経験豊富な大学病院専門医による施術

経験豊富な大学病院の形成外科専門医が執刀を担当致します。
乳管を傷つけずに、外からの傷跡も目立たせないようにする手術には高い技術を要します。当院の専門医師に症状をご相談ください。患者様の現在の状況を診察したうえで、適切な治療プランをご提案致します。

特徴2

乳首が凹んでいる方へ「陥没乳首(乳頭)修正術」
再発防止の術式で衛生面、授乳時の心配も早期にケアできます

指で引っ張っても外に出てこない乳首を「真性」、指で刺激した際にすぐに出てくる乳首を「仮性」と呼びますが、基本となるのは、乳輪部分を切開し、裏から乳首を押し上げて凸型に整えるという手術で、授乳に必要な乳管を傷つけず、傷跡も目立たないのが特徴です。陥没乳頭は隆起させても戻る場合が多いので、乳首の根元部分をハンモック上に縫うことで固定させる方法もあります。

イメージ

特徴3

乳首の大きさが大きい方へ「乳頭縮小術」
乳頭を切断せずに切ってコンパクトサイズへ

乳首が大きい方には乳首を小さくするために、乳首の3分の1程度を切除し、切開部分を縫合して縮める手術を行います。乳頭縮小術といい、ポイントは乳首の中を走る乳管(乳が通る管)を傷つけないようにすることです。乳管を切断してしまうと授乳ができなくなってしまう為、高い技術を要する手術となります。術後のフォローも大切な手術ですので、患者様のお悩みをしっかりと解決するためにも、アフターケアに定期的に通院頂くことをおすすめしています。

イメージ
施術料金 324,000円〜
術後通院片側30分~1時間(両側1~2時間)

施術の流れ(所要時間約30分)

イメージ
施術料金324,000円〜
施術時間片側 20分~  (両側 40分~)
ダウンタイム2日~3日
入院不要です。
術後通院1週間後 抜糸があります。
シャワー翌日から可能です。
入浴湯船の入浴は1週間後から可能です。

医師紹介

尾崎 峰

担当医 尾崎 峰

日本形成外科学会専門医
日本レーザー医学会専門医
医学博士

経歴
東京医科歯科大学医学部卒
東京大学医学部形成外科入局
関連病院にて勤務 形成外科専門医
所属学会
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会会員
日本創傷外科学会会員
日本マイクロサージャリー学会会員
日本レーザー医学会会員
血管腫・血管奇形研究会会員
顔面神経研究会会員
Page top